コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神原神社古墳 かんばらじんじゃこふん

2件 の用語解説(神原神社古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神原神社古墳
かんばらじんじゃこふん

島根県東部,雲南市加茂の赤川左岸微高地にある前期古墳。周溝を加えた 35m× 30mの南北に長い方形墳である。高さは南辺をめぐる溝の底からはかると,現状では 4.5mあまりであるが,その上にさらに 1m以上の盛り土があったとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神原神社古墳
かんばらじんじゃこふん

島根県雲南(うんなん)市加茂町の神原神社本殿下にあった古墳。1972年(昭和47)赤川改修に伴い調査され、のち工事で消滅、石室のみが付近に移築された。墳丘は大半盛り土からなる1辺約30メートルの方墳で、墳頂部に板状割石(わりいし)を小口(こぐち)積みした長さ5.8メートルの南北に細長い竪穴(たてあな)式石室を内蔵する。石室の床面は割竹形木棺(もっかん)を据えた浅くU字形にくぼむ粘土床で、栗石(くりいし)を用いた排水溝を伴う。蓋石(ふたいし)上部に供献用の円筒形土器と土師器(はじき)の壺(つぼ)、石室内に「景初三年陳是作……」という銘文のある三角縁重列式神獣鏡(さんかくぶちじゅうれつしきしんじゅうきょう)1面のほか、大刀(たち)(1振は素環頭(そかんとう)大刀)、剣、鉄鏃(てつぞく)、鍬(くわ)、鎌(かま)、斧(おの)(やりがんな)、鑿(のみ)、錐(きり)、針、木棺片などがあり、また石室外に近接して朱塊と土師器の壺5個を埋納した土壙(どこう)があった。出雲(いずも)地方の代表的な前期古墳の一つで、とくに「景初三年」銘鏡は、大阪府黄金塚(こがねづか)古墳のそれとともに邪馬台国(やまたいこく)の卑弥呼(ひみこ)が魏(ぎ)に遣使した年(239)と一致する紀年鏡として注目される。出土品は一括して1981年に国の重要文化財に指定された。[前島己基]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神原神社古墳の言及

【加茂[町]】より

…西は出雲市に接し,中央を斐伊(ひい)川の支流赤川が西流して出雲市との境界付近で本川に合流する。赤川流域には多くの弥生遺跡や古墳があり,神原神社古墳からは景初3年(239)銘の三角縁神獣鏡が発見され,加茂岩倉遺跡からは多量の銅鐸が発見された。近世には木綿市,牛馬市が立ち,松江藩の奨励の下でニンジン栽培が盛んであった。…

※「神原神社古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神原神社古墳の関連キーワード島根県雲南市加茂町猪尾島根県雲南市加茂町岩倉島根県雲南市加茂町宇治島根県雲南市加茂町大崎島根県雲南市加茂町大竹島根県雲南市加茂町加茂中島根県雲南市加茂町神原島根県雲南市加茂町延野島根県雲南市加茂町三代島根県雲南市加茂町南加茂

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone