コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀末次 きの すえつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀末次 きの-すえつぐ

?-? 平安時代後期の螺鈿(らでん)工。
元暦(げんりゃく)元年(1184)後鳥羽(ごとば)天皇の大嘗会(だいじょうえ)用の器類をつくった名匠のひとりで,「山槐(さんかい)記」に磨物工とみえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀末次の関連キーワード螺鈿元暦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android