コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀雑物 きの さいもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀雑物 きの-さいもち

?-? 奈良時代の官吏。
紀弓張(ゆみはり)の子。紀伊保(いほ)・益女(ますめ)の父。神亀(じんき)5年(728)外従五位下となる。6年の長屋王の変では,藤原宇合(うまかい)の指揮下で右衛士佐(うえじのすけ)として,佐味虫麻呂(さみの-むしまろ)らとともに長屋王宅を包囲した。名は佐比物ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀雑物の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android