コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐味虫麻呂 さみの むしまろ

2件 の用語解説(佐味虫麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐味虫麻呂 さみの-むしまろ

?-759 奈良時代の官吏。
神亀(じんき)2年唐(とう)(中国)からもたらされた甘子(かんし)(ミカンの一種)の種子をうえて結実させたことにより従五位下。6年長屋王の変のとき,六衛(りくえ)府の兵をひきい,王の邸宅をかこむ。のち越前守(えちぜんのかみ),治部大輔(たいふ),中宮大夫(だいぶ)などをつとめた。天平宝字(てんぴょうほうじ)3年10月19日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐味虫麻呂

没年:天平宝字3.10.19(759.11.13)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。姓は朝臣。唐からもたらされた柑子の種を植え結実させたため,神亀2(725)年11月に従五位下を賜る。天平1(729)年2月の長屋王の変では,藤原宇合らと共に衛門佐として,六衛府の兵を率い王宅を囲んだ。中務少丞,備前守,中宮大夫などを歴任。最高位は従四位下

(館野和己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐味虫麻呂の関連キーワード阿倍駿河石川足人石上堅魚宇努男人小治田安麻呂谷那庚受佐伯児屋麻呂泰演(1)葛井大成宗形鳥麻呂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone