紅の装束(読み)くれないのしょうぞく

精選版 日本国語大辞典「紅の装束」の解説

くれない【紅】 の 装束(しょうぞく)

成人の朝服の(ひとえ)袴などの下着の色目。未成年の着る、赤の濃い濃色(こきいろ)の装束に対していう。
※餝抄(1238頃)上「三位中将兼長申慶、或秘記曰、今日始着紅装束〈先先濃装束〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「紅の装束」の解説

くれない‐の‐しょうぞく〔くれなゐ‐シヤウゾク〕【紅の装束】

成人の用いる単(ひとえ)や(はかま)などの色をとした服装

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android