色目(読み)イロメ

デジタル大辞泉の解説

いろ‐め【色目】

色合い。色調。「渋い色目の帯」
異性の気を引くような目つき。流し目。秋波。
衣服・調度などの色合いの名。「襲(かさね)の色目
思いが表れている顔色・動作。そぶり。
「少しも騒ぎたる―なし」〈読・雨月・貧福論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

色目【いろめ】

平安時代の衣服調度の色の組合せ。たとえば白と蘇芳(すおう)の2色で梅の花色調を表したものを梅といい,衣(きぬ)の表と裏,重ねる場合の上衣下衣などでこれを表現し,季節に応じた色目が用いられた。のちには特に五衣(いつつぎぬ)の重ねの色目をいうようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いろめ【色目】

ほんらいの品目,種目の意。例えば装束色目という場合,とり揃える衣服や調度の品目を表す。宮廷では,こんにちなお,この意に使われている。近世以降の有職書などで,色彩の意に誤って使われるようになり一般化した。衣服や調度に用いられる染織品,料紙などの色や配色の名称を一般の色名と区別し,公家の規範を意識した場合の色を色目と称した。例えば朝廷における位階相当の上着の色の当色(とうじき),一般の者の使用を禁じた服色織物禁色(きんじき)などは法式に従って規定された色であり,服色や織物,紙などの色の組合せの襲(重)(かさね)の色などは公家様式に従って選定された色である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いろめ【色目】

色調。色合い。 「着物の-がよい」
[3][0][2]こびを含んだ色っぽい目つき。流し目。秋波。
衣服・調度類の色合いの名。 「襲かさねの-」
様子。気色。 「いよ〱思ひ極めて舌喰ひ切る-の時/浮世草子・五人女 4
[句項目] 色目をつかう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色目
いろめ

衣服の色づかい、配色の色名。とくに平安時代以降、貴族階級の間に行われた襲(かさね)装束における色づかいについていわれることが多い。
 装束における色目には通常、(1)織り色目と(2)表裏の色目、それに(3)襲色目の3種がある。(1)は、織物の経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の違いによるもので、これは経緯の糸の太さと密度を同じにして織った場合には、いわゆる「玉虫」になって、光線のぐあいでひだの高低にしたがって、2色が交錯して見える。また経緯の太さを変え、そのいずれかを浮かせて文様を織り出せば、いわゆる2色の綾(あや)になって地と文様の色が相対する。紫、縹(はなだ)などの経綾地に緯に白を配して文様を表した緯白(ぬきじろ)の綾などが、男性の指貫(さしぬき)などに多くみられる。また緯糸に数色の色を入れて、これを浮織に織ったものが、男性の狩衣(かりぎぬ)や女性の表着(うわぎ)や唐衣(からぎぬ)、袿(うちき)などに用いられた。(2)の表裏の色目は、たとえば男性の直衣(のうし)などでも「桜の直衣」などというように、衣服の表地と裏地の2色の配合によるもので、袷(あわせ)仕立ての場合当然現れる色目である。
 以上の二つは、織物、仕立てを考えた場合、とくに平安時代の襲装束でなくてもいくらもおこる問題で、あえて異とするに足りない。襲装束の特長を生かし、その美しさを発揮することにもっとも効果のあったのが、ここにいう(3)の襲色目であり、これは表衣の下に重ねる襲の着装の配色で、とくに襲装束の代表ともいうべき十二単(じゅうにひとえ)の美しさなどは、これによってつくりあげられたものといっていい。襲色目の取り合わせには、色の濃淡で階層的に構成される「匂(にお)い」、と異なった色の対照的な効果をみせたものとがあったようである。
 紅梅襲の袿といえば、紅梅色から朱色に戻る袿を濃淡に従ってそろえたもの、これに対して「柿(かき)、桜、山吹、紅梅、萌黄(もえぎ)の五色をとり交わしつつ云々(いい)。三色着たるは十五ずつ云々、多く着たるは十八、二十にてでありける」(栄花物語)というのは、濃淡を含めた異系統の数色による襲色目であろう。
 奈良時代から平安時代に入ると、染織における色名の称呼に大きな変化がみられる。すなわち、赤、青、黄の三原色に白と黒を加えた抽象的な5色以外の色には、紅、紫、支子(くちなし)、橡(つるばみ)、藍(あい)、茜(あかね)といった染料の名称が多く用いられていたのが、上述の襲の色にもみるように、紅梅、桜、山吹、竜胆(りんどう)といった具体的な自然の植物の色そのものからとった色名が非常に多くなってくる。そしてこのことは、しだいに色そのものが季節と結び付く傾向を生じ、季節にあった色目を用いることが好ましいものとされ、ついにはすべての色目に対していちいち着用の時期が定められて、これに従って四季折々の衣服の配色がなされたようにみえる。しかしこうした堅苦しい規則のようなことは、貴族の服飾が爛熟(らんじゅく)を経て形式化した平安末か、むしろ鎌倉時代以後にできあがったもので、今日襲色目としてあげられているものも、これらがすべて平安時代と同じものであるとは考えられない。衣服の表と裏の色目なども、元来は襲色目とは別のものであったのが、いつしかこれと一つに考えられるようになった。
 襲色目も、室町時代以後は公家(くげ)文化の衰退に伴う襲装束の簡略化、小袖(こそで)服飾の勃興(ぼっこう)によって、しだいに廃絶してしまい、わずかに江戸時代の形式的な再興や、明治以後の宮廷儀式服のなかにその残骸(ざんがい)をとどめている。しかし伝統的な日本の服装における重ね着の場合、上下の衣服の配色や、裾(すそ)や襟回しなどの色づかいには、現在でもこうした色目に対する細やかな感情の伝統が生き続けているといえるであろう。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いろ‐め【色目】

〘名〙
① 色の調子。色あい。
※続後拾遺(1326)恋四・八八五「雲鳥の綾の色めも思ほえず人をあひ見て程の経ぬれば〈源能有〉」
② 衣服、調度類などに用いられる布や紙などの色あいの名。〔名語記(1275)〕
③ 異性に関心をもっていることがわかるような目つき。異性の気を引くような目つき。秋波。流し目。
※洒落本・駅舎三友(1779頃)二階「『それもう色目(イロメ)さ』『すかねへなふ』」
④ 気持を目に現わすこと。思いが表われている顔色、動作。そぶり。様子。
※上杉家文書‐(天正一六年)(1588)四月七日・黒金景信書状「諸証人色目、御門番火之用心、無油断申付候」
浮世草子・好色五人女(1686)四「いよいよ思ひ極(きはめ)て舌喰ひ切る色(イロ)めの時」

しき‐もく【色目】

〘名〙
① 土地、物品などの属性。また、属性による呼び名。種類。種目。
※続日本紀‐和銅六年(713)五月甲子「其郡内所生、銀銅彩色草木禽獣魚虫等物、具録色目
② 土地、物品などの種類、数量などを詳細に記した目録。
※小右記‐天元五年(982)三月一三日「今日召着諸衛佐等於侍所、給祿、〈略〉所々饗饌如昨、給祿色目・所々饗等在別紙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色目の関連情報