コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅まどか

デジタル大辞泉プラスの解説

紅まどか

長崎県長崎市で生産される柑橘類。実は700~1000g程度の大きさで、果肉黄白または黄色で、やや赤みを帯びることからこの品種名となった。麻豆ブンタンと平戸ブンタンとの交配により育成された品種。1991年の登録当初の品種名は「ひさご紅」。1992年に現品種名に変更。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

紅まどかの関連キーワード長崎県長崎市

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android