黄白(読み)コウハク

デジタル大辞泉の解説

こう‐はく〔クワウ‐〕【黄白】

黄色と白色。おうびゃく。
金と銀。転じて、金銭。
「徒(いたず)らに―万能主義を信奉するの弊」〈漱石・野分〉

おう‐びゃく〔ワウ‐〕【黄白】

こうはく(黄白)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐びゃく ワウ‥【黄白】

〘名〙 黄色と白色。白っぽい黄色。こうはく。
※今昔(1120頃か)七「人有て地を掘るに、一の所を見るに、其の色黄白(わうびゃく)也」

こう‐はく クヮウ‥【黄白】

〘名〙
① 黄色と白色。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「色の黄白を以て字の縦横を以て〈略〉人為の差別を加る」 〔史記‐天官書〕
② 黄金と白銀。転じて、金銭。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「黄白(クヮウハク)には富(とみ)たいものだナ」 〔漢書‐淮南王安伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報