紅色陰癬(読み)こうしょくいんせん(英語表記)erythrasma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅色陰癬
こうしょくいんせん
erythrasma

男性の陰股部に好発するが,ときに腋窩,趾間,女性の乳房下部などに生じる境界鮮明で扁平な,紅色ないし紅褐色の落屑性病変をいう。普通自覚症状はないが,ときに 瘙痒,灼熱感がある。苔癬化が認められることもある。病変部に皮膚常在菌である棒状のグラム陽性桿菌を多数証明できる。糖尿病肥満,多汗などのある高齢者に生じやすい。治療には抗生物質や抗真菌外用剤が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android