コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自覚症状 ジカクショウジョウ

大辞林 第三版の解説

じかくしょうじょう【自覚症状】

患者本人が知覚する症状。痛み・吐き気・倦怠感・食欲不振の類。 ⇔ 他覚症状

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自覚症状
じかくしょうじょう

病気または疾病、疾患とは、健康で正常な生活を営んでいる者が、正常な範囲を外れて、機能的、形態的、あるいは精神的な異常を示し、病的状態となることを意味しているが、この際の異常には、自ら感ずる、すなわち自覚的の場合と、医師を含めた他人が認識する他覚的の場合とがある。病気になった者が訴える自覚的な異常の感じを一般に自覚症状あるいは愁訴とよんでいる。これに対し、医師の診察、あるいは検査によって確かめられる異常は他覚症状あるいは所見という。医師が診察に際して、患者の病気の始まり、経過などを記録する現病歴は診察の第一歩としてきわめて重要なもので、その最初に、自覚症状の主要なもの、すなわち主訴を記載するのが常である。さらに自覚症状については、その性質、部位、程度、およびそれと関連する事柄などを細かく患者に尋ねて、病気の発病状態と現在に至るまでの経過を把握することが必要で、これを打診、聴診などに対して問診とよんでいる。自覚症状は多種多様で、臓器および系統における疾患には、それぞれ特有の症状がある。たとえば、消化器系疾患における食欲不振、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、吐血、腹痛、下痢、下血(げけつ)などである。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自覚症状の関連キーワード沈黙の殺人者(サイレントキラー)慢性血栓塞栓性肺高血圧症進行性脂肪栄養障害症無症候性心筋虚血サルコイドーシス頭部浅在性白癬網膜静脈閉塞症単純網膜症胃アトニー肝機能障害負担度点数円形脱毛症不定愁訴慢性肝炎そばかす葡萄膜炎高脂血症神経衰弱有訴者率C型肝炎

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自覚症状の関連情報