コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋枯病(エンバク)

飼料作物病害図鑑の解説

紋枯病(エンバク)

地上部全体に発生する糸状菌病。梅雨入り前から地際部で発病し、病斑が葉鞘を伝って上部へ進展する。病斑は周縁部褐色、中心部灰白色の雲形斑となる。発生後期には病斑上に菌核をつくり、これが地面に落ちて翌年の感染源となる。高温高湿条件で多発する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

紋枯病(エンバク)の関連キーワード紋枯病(パールミレット・ネピアグラス)紋枯病(オオクサキビ)紋枯病(トウモロコシ)紋枯病(シコクビエ)株腐病(ライグラス)紋枯病(飼料イネ)細胞壁合成阻害剤電子伝達系阻害剤農用抗生物質植物菌類病病虫害紋枯病

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android