葉鞘(読み)ヨウショウ

大辞林 第三版の解説

ようしょう【葉鞘】

さやのように茎を包んだ葉の基部。セリ科やイネ科などにみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉鞘
ようしょう

葉の基部が茎を抱き包むように発達しているとき、これを葉鞘という。托葉(たくよう)と相同であるとする考え方もあるが、確証はない。葉鞘として同じような形を示すものであっても、学問的には異なった起源のものがあると考えるのが妥当であろう。イネ科の植物には葉鞘がみられるが、ショウガ、バショウ、シュロなどでは、葉鞘が重なり合って、幾重にも茎を取り巻く形となる。単子葉植物にその例が多いが、双子葉植物の葉にも認められる(セリ科、タデ科など)。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の葉鞘の言及

【葉】より


[形成]
 葉は茎に側生するが,茎頂付近で茎の生長点よりやや下がった位置に葉原基leaf primordiumができる。葉原基は少し大きくなると上下の二つの部分がはっきりしてきて,下部の葉基からは葉鞘(ようしよう)と托葉,上部の上葉から葉身と葉柄がつくられる。葉鞘leaf sheathは単子葉植物によくみられるもので,幼葉や生長点を保護している。…

※「葉鞘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android