コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納入リード・タイム

1件 の用語解説(納入リード・タイムの意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

納入リード・タイム

発注してから物品が納入され、検査が完了し、いつでも出庫要求に応じられるようになるまでの期間。この期間が確実なものであれば在庫量がリードタイム中に消費されそうになった時点で発注すれば、品切れで出庫要求に応じられないというようなことはなくなる。また、リード・タイムを明確にすることによって、過度な在庫量をかかえて、保管費用が過大になってしまうような事態も防止することができる。こうしたことから、納入リード・タイムは最適発注・在庫システム決定的要因のひとつであるといえる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

納入リード・タイムの関連キーワード前受金入荷試運転落成正遷宮電子発注システム食肉検査工事完了届竣工検査売掛債権担保融資

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

納入リード・タイムの関連情報