コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純信/お馬 じゅんしん/おうま

1件 の用語解説(純信/お馬の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

純信/お馬

江戸末期の恋愛事件の主人公。安政5(1858)年,土佐国(高知県)高知城下の目貫通り播磨屋橋近くの小間物屋で,土佐随一の名刹竹林寺の僧純信(生没年不詳)が簪を買って噂となり,相手は大工町の鋳掛屋の娘で茶汲み女のお馬(生年不詳~1903.12.15,享年64歳あるいは65歳とも)と知れて,「よさこい節」の一節として唄い囃された。しょせん,これは実らぬ禁断の恋ゆえ,ふたりは駆け落ちして讃岐国(香川県)の琴平に逃げたが,連れ戻されて純信は藩外追放となり,お馬も所払いの刑に処せられて江戸に出,以後は平穏な余生を送った。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

純信/お馬の関連キーワード鈴木柳塘樽屋おせん安政江島言霊指南主公主人公ヒロイン老いらくの恋プレーラブ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone