禁断(読み)キンダン

デジタル大辞泉 「禁断」の意味・読み・例文・類語

きん‐だん【禁断】

[名](スル)ある行為をかたく禁止すること。「殺生禁断する」
[類語]禁制禁圧禁止禁令禁遏きんあつ厳禁無用法度はっと差し止め駄目だめ禁忌禁ずる取り締まる制する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「禁断」の意味・読み・例文・類語

きん‐だん【禁断】

〘名〙 ある行為をしてはいけないと厳重に禁止すること。さしとめること。禁制。禁止。
続日本紀‐和銅四年(711)一〇月甲子「私鋳猶軽罪法。故権立重刑。禁断未然
※虎明本狂言・禁野(室町末‐近世初)「此野はしさいさまざま有て、きんやにさだめおかれて、殺生きんだんの所にて有を」 〔魏志‐武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「禁断」の読み・字形・画数・意味

【禁断】きんだん

禁制。

字通「禁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

栄養・生化学辞典 「禁断」の解説

禁断

 好きな食物や酒などを絶つこと.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android