禁断(読み)きんだん

精選版 日本国語大辞典「禁断」の解説

きん‐だん【禁断】

〘名〙 ある行為をしてはいけないと厳重に止すること。さしとめること。禁制。禁止。
※続日本紀‐和銅四年(711)一〇月甲子「私鋳猶軽罪法。故権立重刑。禁断未然
※虎明本狂言・禁野(室町末‐近世初)「此野はしさいさまざま有て、きんやにさだめおかれて、殺生きんだんの所にて有を」 〔魏志‐武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「禁断」の解説

きん‐だん【禁断】

[名](スル)ある行為をかたく禁止すること。「殺生を禁断する」
[類語]禁制禁圧禁止禁令禁遏きんあつ厳禁無用法度はっと差し止め駄目だめ禁忌禁ずる取り締まる制する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「禁断」の解説

禁断

 好きな食物などを絶つこと.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

普及版 字通「禁断」の解説

【禁断】きんだん

禁制。

字通「禁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android