コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小間物屋 コマモノヤ

百科事典マイペディアの解説

小間物屋【こまものや】

小間物を商う人,またはその店。〈こまもの〉は高麗(こま)等舶来の物とする説,細物(こまもの)の義とする説がある。江戸時代は行商が普通で,化粧品,櫛(くし),簪(かんざし),楊枝,歯みがき,紙入,タバコ入等を売り歩く。
→関連項目貸本屋

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまものや【小間物屋】

小間物を売買する商人。小間物は細物(こまもの),あるいは高麗(こま)物,つまり舶来品のことという。17世紀前半,京都では京極通り,大坂では堺筋に小間物屋があった。そのころの小間物は,塗物の容器,箱物,眼鏡,刃物,はさみ,櫛(くし),笄(こうがい),ちろりなどで,《人倫訓蒙図彙》は〈一切の具此所にあり,都鄙におゐて重宝の商人なり〉としている。それらの品物は小間物問屋に集荷され,小売の小間物屋がそれらを仕入れて売った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こまものや【小間物屋】

日用品・化粧品・装身具・袋物・飾り紐ひもなどを売る店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小間物屋の関連キーワード小金井 芦洲(5代目)小間物屋を開くティファニー小間物・細物お富・与三郎本間 金之助モーパッサンよさこい節下村善太郎老松軒三鶴落語の演題柳下亭種員純信/お馬丸井今井小間物店大岡政談欲どしいべらつく歯磨売日用品

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android