コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小間物屋 コマモノヤ

4件 の用語解説(小間物屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こまもの‐や【小間物屋】

小間物店(こまものみせ)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小間物屋【こまものや】

小間物を商う人,またはその店。〈こまもの〉は高麗(こま)等舶来の物とする説,細物(こまもの)の義とする説がある。江戸時代は行商が普通で,化粧品,櫛(くし),簪(かんざし),楊枝,歯みがき,紙入,タバコ入等を売り歩く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こまものや【小間物屋】

小間物を売買する商人。小間物は細物(こまもの),あるいは高麗(こま)物,つまり舶来品のことという。17世紀前半,京都では京極通り,大坂では堺筋に小間物屋があった。そのころの小間物は,塗物の容器,箱物,眼鏡,刃物,はさみ,櫛(くし),笄(こうがい),ちろりなどで,《人倫訓蒙図彙》は〈一切の具此所にあり,都鄙におゐて重宝の商人なり〉としている。それらの品物は小間物問屋に集荷され,小売の小間物屋がそれらを仕入れて売った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こまものや【小間物屋】

日用品・化粧品・装身具・袋物・飾り紐ひもなどを売る店。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小間物屋の関連キーワード公役小間小間返し小間紙小間使い小間物店小間物屋を開く小間絵小間結び小間物小間物屋政談

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小間物屋の関連情報