小間物屋(読み)コマモノヤ

百科事典マイペディアの解説

小間物屋【こまものや】

小間物を商う人,またはその店。〈こまもの〉は高麗(こま)等舶来の物とする説,細物(こまもの)の義とする説がある。江戸時代は行商が普通で,化粧品,櫛(くし),簪(かんざし),楊枝,歯みがき,紙入,タバコ入等を売り歩く。貸本屋と同じく大包を背負って行商し,時にいかがわしい具等も商い,川柳(せんりゅう)の題材となっている。
→関連項目貸本屋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまものや【小間物屋】

小間物を売買する商人。小間物は細物(こまもの),あるいは高麗(こま)物,つまり舶来品のことという。17世紀前半,京都では京極通り,大坂では堺筋に小間物屋があった。そのころの小間物は,塗物の容器,箱物,眼鏡,刃物,はさみ,櫛(くし),笄(こうがい),ちろりなどで,《人倫訓蒙図彙》は〈一切の具此所にあり,都鄙におゐて重宝の商人なり〉としている。それらの品物は小間物問屋に集荷され,小売の小間物屋がそれらを仕入れて売った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こまものや【小間物屋】

日用品・化粧品・装身具・袋物・飾り紐ひもなどを売る店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こまもの‐や【小間物屋】

〘名〙
① 櫛(くし)、笄(こうがい)、簪(かんざし)類から口紅、髪油などに至る婦人の装飾品、日用品などを主に商う家。また、その人。江戸時代では、荷に背負って売り歩く行商が普通だった。小間物。小間物店。小間物売屋。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「光る灯心三筋四つ辻 小まものや出見せのめがねめさるべし〈重安〉」
② (こまごましたものを並べる意から) 反吐(へど)を吐くこと。飲食したものをもどすこと。また、その反吐。小間物。小間物店。
※雑俳・柳多留‐八七(1825)「こいつ大へんから下戸の小間物屋」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小間物屋の関連情報