コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙子臭い カンコクサイ

デジタル大辞泉の解説

かんこ‐くさ・い【紙子臭い】

[形][文]かんこくさ・し[ク]《「かんこ」は「かみこ」の音変化。近世語》紙などの焦げるにおいがする。焦げ臭い。
「火の廻り気を付よ、―・い」〈浄・碁盤太平記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんこくさい【紙子臭い】

( 形 )
〔「かんこ」は「かみこ(紙子)」の転。近世語〕
紙などの焦げたにおいがする。こげくさい。 「 - ・いほどに、ちり紙に火がついづら/咄本・鹿の巻筆」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紙子臭いの関連キーワード巻筆

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android