コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙子/紙衣 カミコ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐こ【紙子/紙衣】

紙子紙(かみこがみ)で作った衣服。律宗の僧が用いはじめ、のち一般に使用。軽くて保温性にすぐれ、胴着袖なし羽織を作ることが多い。近世以降、安価なところから貧しい人々の間で用いられた。かみぎぬ。 冬》「繕うて古き―を愛すかな/虚子
みすぼらしい姿、惨めな境遇の形容。
「生れて始めて、―になった大尽の無念さを」〈花袋・名張少女〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

紙子【かみこ】

紙衣とも書く。紙で作った衣服。上質の紙を産する日本独自のもので,古くから防寒衣料や,寝具に用いられた。はり合わせた和紙をよくもみ,柿渋を塗って仕上げたもので,防寒用の胴着や下着に用いられた場合が多いが,木版で美しい模様をつけ,上着にしたものもある。
→関連項目紙布奈良紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみこ【紙子】

紙衣とも書く。紙を用いて作った衣服。いわゆる腰の強い上質の紙を産する日本独特のもの。風を通さず暖かいために,古くから防寒衣料として,あるいは寝具として用いられ,《源平盛衰記》の後白河法皇大原御幸の条に,老尼が紙子の上に墨染の衣を着ていることが出ている。紙をはり合わせて作るので簡便なところから僧の間にも多く用いられたようである。戦国時代になると戦陣の衣料として陣羽織胴服などに作られた。江戸時代にはいっても紙子は貴賤を問わず一般に広く用いられたらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の紙子/紙衣の言及

【勘当】より

…正規の勘当はこのように煩雑な手続を必要としたから,地方によっては内証勘当にとどめ,正式の勘当は行わない慣習のところもあった。勘当に際しては,当時の歌舞伎や小説に見られるように,紙子(かみこ)に着替えさせて追い出す慣習もあった。勘当したりこれを宥免したりする権利は親(とくに父)の有するところで,父死亡後は母もしくは兄がこの権利を行使した。…

※「紙子/紙衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紙子/紙衣の関連キーワード紙子着て川へはまる中村千弥(初代)紙子染め・紙子染仕出す・為出す火打ち箱・燧箱こたつ(炬燵)安達三郎左衛門紙子四十八枚紙子・紙衣安倍川紙子油杜氏煉方揚巻(1)揚巻∥総角元の木阿弥大洲和紙為出だす火打ち箱紙子臭い歌書羽織紙子浪人

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android