碁盤太平記(読み)ごばんたいへいき

精選版 日本国語大辞典「碁盤太平記」の解説

ごばんたいへいき【碁盤太平記】

浄瑠璃。時代物。二段。近松門左衛門作。宝永七年(一七一〇)大坂竹本座初演。赤穂義士のかたき討ちを「太平記」の世界に仮託して、大星由良之助、力彌父子の出立と討入り本懐を脚色。「仮名手本忠臣蔵」を生む母胎となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「碁盤太平記」の解説

碁盤太平記
ごばんたいへいき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治36.6(京都・明治座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android