素股(読み)すまた

精選版 日本国語大辞典「素股」の解説

す‐また【素股】

〘名〙
① 何もはかないで、肌があらわれている
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第二三「まづ四五日のは淋しき 沓音に風はすまたを吹せたり」
② 内もも。転じて、内ももの間に男性器をはさみこんで行なう交接。
※評判記・赤烏帽子(1663)玉江三四郎「御茶せばしといふものは、すまたにぞ有けるいと不審也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「素股」の解説

す‐また【素股】

むきだしの股。
内もも。
内ももに相手の男性器を挟んで刺激すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android