コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すまた スマタ

デジタル大辞泉の解説

す‐また

調子はずれ。また、的はずれ。見当ちがい。
「三味線つぼも―の弾き語り」〈浄・歌祭文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すまた

拍子がはずれること。 「冬編笠もふすぼり、三味線つぼも-の弾き語り/浄瑠璃・新版歌祭文」
あてはずれ。見当違い。 「女郎買に往てしまひ、那奴あいつ等二人に-を喰わせるとはどうだへ/怪談牡丹灯籠 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

すまたの関連キーワード静岡県榛原郡川根本町千頭静岡県榛原郡川根本町大井川(静岡県の川)寄り道具・寄道具素股が切れ上がるアゴザトウムシ川根本(町)本川根[町]小型警ら車新版歌祭文捩り・錑り因幡堂縁起七つ道具小西梨花三つ道具踏込粕本川根金嬉老寄道具琴柱棒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android