素船(読み)すぶね

精選版 日本国語大辞典「素船」の解説

す‐ぶね【素船】

〘名〙
① 帆・碇・綱など船大工が造らない諸道具を除いた全体の呼称。
※年々留(1826‐52)「金八百四拾五両 素船、外に三拾五両、作料増金、〆八百八拾両」
② 貨を積んでいない船。からぶね。
※和漢船用集(1766)八「土佐日記に、からふねと有も則虚舟也。今すふねとも言」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「素船」の解説

す‐ぶね【素船】

荷物や客を乗せていない船。からぶね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android