コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫嶺斎泉橘 しれいさい せんきつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紫嶺斎泉橘 しれいさい-せんきつ

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
江戸の人。渓斎英泉(けいさい-えいせん)にまなび,文政-天保(てんぽう)(1818-44)のころ役者絵や草双紙の挿絵をえがく。のち筆耕を業としたという。通称は仙吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紫嶺斎泉橘の関連キーワード曲山人