コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫香楽宮(しがらきのみや)跡 しがらきのみやあと

知恵蔵の解説

紫香楽宮(しがらきのみや)跡

滋賀県甲賀市奈良時代聖武天皇が造営したとされる宮町遺跡で、2003年11月、中枢部の朝堂西脇殿の西側に東西14.8m、南北5.8mの建物を配置するなど独自の形式だったことが分かった。長さ113mの東脇殿を始め殿舎、門、塀跡などがこれまでに判明。本格的な宮造りだったとされている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

紫香楽宮(しがらきのみや)跡の関連キーワード三上・田上・信楽県立自然公園滋賀県甲賀市信楽町黄瀬滋賀県甲賀市信楽町牧滋賀県甲賀市紫香楽宮跡甲賀(市)信楽

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android