累帯深成岩体(読み)るいたいしんせいがんたい(英語表記)zoned pluton

岩石学辞典の解説

累帯深成岩体

貫入性深成岩体は部分的に岩石の組成が変化し,特に岩体周辺部などは著しく異なるのが普通である.この場合に中心部から周辺部にかけて同心円状に岩質が変化する岩体を累帯深成岩体という[地学団体研究会 : 1996].円状の貫入岩体内の岩質変化の典型的な例には朝鮮殷山の花崗岩体がある[鈴木 : 1952, 1953].超塩基性岩体の岩相が帯状に変化する場合の累帯超苦鉄質岩体(zoned ultramafic complex)が知られている.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android