岩相(読み)がんそう(英語表記)lithofacies

日本大百科全書(ニッポニカ)「岩相」の解説

岩相
がんそう
lithofacies

広義には、岩石の見かけ、すなわち色や組織などの様のこと。なんらかの意味で岩石の生成条件を反映している。粗粒の花崗(かこう)岩が斑(はん)状あるいは細粒になったり、礫(れき)岩が砂岩に、砂岩が泥岩に移り変わったりするとき、岩相が変化しているという。地質時代のサンゴ礁と現在熱帯にみられるサンゴ礁、地質時代の溶岩と現在噴出した溶岩は、生成時代が違っていても同相あるいは等相という。同時代に形成されても、岩相が異なれば異相であるという。狭義には、堆積(たいせき)岩において、堆積環境を示すものとして、砂岩相、石灰岩相、チャート卓越相のように、生物相すなわち化石内容と対応的に用いられる。

[斎藤靖二]

『八木下晃司著『岩相解析および堆積構造』(2001・古今書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「岩相」の解説

がん‐そう ‥サウ【岩相】

〘名〙 堆積岩の組成粒度淘汰(とうた)度など、堆積環境を指示する特徴をいう。礫岩(れきがん)相、砂岩相、石灰岩相などがあり、それぞれに一つの堆積環境が対応する。広義には、岩石一般の岩質、組成、組織などのようすを概括的にいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

岩石学辞典「岩相」の解説

岩相

堆積物の総合的な岩石的性質[Dunbar & Rodgers : 1957].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android