細川 護久(読み)ホソカワ モリヒサ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

細川 護久
ホソカワ モリヒサ


肩書
熊本藩知事,貴院議員(侯爵)

別名
別名=長岡 澄之助(ナガオカ スミノスケ)

生年月日
天保10年3月1日(1839年)

出生地
肥後国熊本城下町花畑邸(熊本県熊本市)

経歴
旧熊本藩主・細川斉護の二男。兄・韶邦の世子となり、文久3年藩主名代として上洛、幕末の政局にあたる。明治3年兄に代わって熊本藩知事となり、進歩的な藩政改革を推進。4年には古城医学校、熊本洋学校を設立して開明的な教育に尽力した。のち侯爵を授けられ貴院議員を務める。

没年月日
明治26年8月30日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android