コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川 護久 ホソカワ モリヒサ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

細川 護久
ホソカワ モリヒサ


肩書
熊本藩知事,貴院議員(侯爵)

別名
別名=長岡 澄之助(ナガオカ スミノスケ)

生年月日
天保10年3月1日(1839年)

出生地
肥後国熊本城下町花畑邸(熊本県熊本市)

経歴
旧熊本藩主・細川斉護の二男。兄・韶邦の世子となり、文久3年藩主名代として上洛、幕末の政局にあたる。明治3年兄に代わって熊本藩知事となり、進歩的な藩政改革を推進。4年には古城医学校、熊本洋学校を設立して開明的な教育に尽力した。のち侯爵を授けられ貴院議員を務める。

没年月日
明治26年8月30日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

細川 護久の関連キーワード魚住源次兵衛細川 護立細川 護成池辺三山元田永孚轟武兵衛桜間伴馬細川護成平川坦翁細川護立

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android