細川斉護(読み)ほそかわ なりもり

美術人名辞典の解説

細川斉護

幕末の大名。肥後熊本藩主。立之の子。斉樹の養嗣子。幼名は与松、初名は立政。アメリカ使節浦賀来航、大阪城修復等に功をなした。学問を好み、長瀬真幸、中島広足らの国学者を愛護した。また和歌を能くし、池辺義象らの編になる遺草集『陽春集』がある。万延元年(1860)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川斉護 ほそかわ-なりもり

1804-1860 江戸時代後期の大名。
文化元年9月16日生まれ。細川立之(たつゆき)の長男。文政9年肥後(熊本県)宇土(うと)藩主細川家8代となったが,同年宗家の細川斉樹(なりたつ)の跡をつぎ熊本藩主細川家10代。藩財政の困窮や,横井小楠(しょうなん)らの実学党と守旧派である学校党の対立に苦慮した。万延元年4月17日死去。57歳。初名は立政。通称は与松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

細川斉護 (ほそかわなりもり)

生年月日:1804年9月16日
江戸時代末期の大名
1860年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android