コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川斉護 ほそかわ なりもり

美術人名辞典の解説

細川斉護

幕末の大名。肥後熊本藩主。立之の子。斉樹の養嗣子。幼名は与松、初名は立政。アメリカ使節浦賀来航、大阪城修復等に功をなした。学問を好み、長瀬真幸、中島広足らの国学者を愛護した。また和歌を能くし、池辺義象らの編になる遺草集『陽春集』がある。万延元年(1860)歿、57才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川斉護 ほそかわ-なりもり

1804-1860 江戸時代後期の大名。
文化元年9月16日生まれ。細川立之(たつゆき)の長男。文政9年肥後(熊本県)宇土(うと)藩主細川家8代となったが,同年宗家の細川斉樹(なりたつ)の跡をつぎ熊本藩主細川家10代。藩財政の困窮や,横井小楠(しょうなん)らの実学党と守旧派である学校党の対立に苦慮した。万延元年4月17日死去。57歳。初名は立政。通称は与松。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

細川斉護 (ほそかわなりもり)

生年月日:1804年9月16日
江戸時代末期の大名
1860年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

細川斉護の関連キーワード細川 護久津軽 承昭生年月日津軽承昭葉室黄華長岡護美細川立政細川護久細川韶邦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android