侯爵(読み)コウシャク

大辞林 第三版の解説

こうしゃく【侯爵】

もと五等爵(公・侯・伯・子・男)の第二位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐しゃく【侯爵】

〘名〙 もと五爵(公侯伯子男)の第二位にあたる爵位で、世襲制。ヨーロッパ諸国の貴族制度における「マーキス」「マルキ」「フュルスト」などの訳語としても用いる。
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉一〇「今業平と世評ある某爵は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の侯爵の言及

【華族】より

…華族令は華族を公・侯・伯・子・男の5等の爵位に分けた。公爵は五摂家と徳川旧将軍家のほか維新に勲功のあった公家や旧藩主など11家,侯爵は旧清華家と中山家および15万石以上を原則とし,維新に功のあった旧藩主と旧御三家および大久保・木戸家など24家,伯爵は5万石以上,旧三卿など,子爵は5万石未満の旧藩主と大臣家以下の公家と士族の功臣など,男爵は公家・諸侯の支族分家の特別な者,1868年に諸侯に列せられた者,大社・大寺の神官・僧侶ならびに特別な功臣の子孫などであった。84‐87年に華族となった者は,総数で566名,うち旧華族483名(旧華族の分家などを含む),新華族83名で,新華族は薩長出身者が過半を占めた。…

【爵位】より

…一般に身分的な位階序列を表す貴族の称号を爵位というが,貴族制の存在したヨーロッパ世界と中国,日本でのありようは歴史的に異なる。
[ヨーロッパ]
 古代ローマの貴族には,位階序列を表す称号はなく,ヨーロッパの爵位は,中世・近世においてその発達をみることができる。国と時代により差異はあるが,一般に知られている爵位は,公(デュークduke),侯(マーキスmarquis),伯(アールearl),子(バイカウントviscount),男(バロンbaron)の5位階である(かっこ内は英語)。…

※「侯爵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

侯爵の関連情報