長岡(読み)ナガオカ

大辞林 第三版の解説

ながおか【長岡】

新潟県中部、信濃川中流域に位置する市。近世、牧野氏の城下町。県下第二の商工業都市。

ながおか【長岡】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ながおか ながをか【長岡】

[一] 新潟県中央部の地名。信濃川の中流域にある。江戸時代は牧野氏七万四千石の城下町、信濃川水運の町として発展。明治時代に油田が開発され、繊維などの問屋の多い商工業都市として知られる。昭和五九年(一九八四)テクノポリス(高度技術集積都市)に指定。明治三九年(一九〇六)市制。
[二] 高知県の北東部の郡。吉野川上流域の山間地で、徳島・愛媛県に接する。
[三] 陸奥国の旧郡名。古くは「なかおか」といい、中世以降、栗原・遠田両郡に併合された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長岡の関連情報