コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細殿 ホソドノ

デジタル大辞泉の解説

ほそ‐どの【細殿】

殿舎の廂(ひさし)の間(ま)で、細長いもの。仕切りをして、女房などの居室として使用した。
殿舎から殿舎へ渡る渡り廊下

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほそどの【細殿】

寝殿造りの庇ひさしの間を仕切って、女房の部屋などに当てた所。
細長い建物。殿舎をつなぐ渡り廊下。渡廊わたりろう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の細殿の言及

【弘徽殿】より

…身舎は中央に馬道が通り,南北各3間の二つの部分に分けられ,北の西半は塗籠に造って収蔵施設に用い,納殿という。西廂は南北に細く通じているので,細殿と称する。東廂は障子によって,北3間,南4間の二つの部分に分けられる。…

※「細殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

細殿の関連キーワード賀茂別雷神社境内賀茂御祖神社境内興福寺旧境内寝殿造り猶あらじ寝殿造麗景殿法隆寺弘徽殿便無し渡殿夜行双堂廊下

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細殿の関連情報