コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細粒斑状 さいりゅうはんじょうminophyric

岩石学辞典の解説

細粒斑状

斑状の岩石で,斑晶の最長の大きさが0.2~1.0mmの範囲であるもの[Cross, et al. : 1906].斑晶がこの寸法より小さいと顕微鏡なしでは観察できない.このような小さい斑晶を微晶(microlite)という.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

細粒斑状の関連キーワードアロシェット岩フィッツロイ岩白榴石玄武岩ジュミラ岩スコマー岩カッサ岩流紋岩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android