コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微晶 ビショウ

2件 の用語解説(微晶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

び‐しょう〔‐シヤウ〕【微晶】

肉眼では見えにくい微細な結晶。特に、火成岩中の微細な結晶。
「原子から―、―から多晶金属の組成」〈寅彦ルクレチウスと科学〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

微晶

microcrystal: 岩石や微晶質の石基の中に存在し,個々の結晶が偏光顕微鏡の下でのみ観察できるものを微晶という.これらはさらに微晶(microlite),マイクロプラカイロ(microplakite),マイクロスピキュライト(microspiculite),マイクロコッカイト(microkokkite)などに分類される[Loewinson-Lessing : 1898].マイクロスピキュライト(microspiculite)はスピキュライト(spiculite)を参照のこと.
microlite: 微細な結晶で板状,柱状,針状などの形をもち,一般には0.008mmよりも小さい.微晶質または半微晶質の火山岩または石基に含まれて産出する.微晶と晶子(crystallite)は偏光に対する反応の違いで,微晶が結晶としての性質を示すことで区別する[Vogelsang : 1867].ギリシャ語でmicrosは小さいこと,lithosは石の意味である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微晶の関連キーワード水成岩点苔表土裂罅充填鉱物起源岩混合層縞状構造板岩アニソメラス岩石

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone