コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微晶 ビショウ

デジタル大辞泉の解説

び‐しょう〔‐シヤウ〕【微晶】

肉眼では見えにくい微細な結晶。特に、火成岩中の微細な結晶。
「原子から―、―から多晶金属の組成」〈寅彦ルクレチウスと科学〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

微晶

microcrystal: 岩石や微晶質の石基の中に存在し,個々の結晶が偏光顕微鏡の下でのみ観察できるものを微晶という.これらはさらに微晶(microlite),マイクロプラカイロ(microplakite),マイクロスピキュライト(microspiculite),マイクロコッカイト(microkokkite)などに分類される[Loewinson-Lessing : 1898].マイクロスピキュライト(microspiculite)はスピキュライト(spiculite)を参照のこと.
microlite: 微細な結晶で板状,柱状,針状などの形をもち,一般には0.008mmよりも小さい.微晶質または半微晶質の火山岩または石基に含まれて産出する.微晶と晶子(crystallite)は偏光に対する反応の違いで,微晶が結晶としての性質を示すことで区別する[Vogelsang : 1867].ギリシャ語でmicrosは小さいこと,lithosは石の意味である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

微晶の関連キーワードマイクロモルファイトマイクロソマタイトバイフルケイテッドマイクロコッカイトマイクロプラカイトグラフィフィリックウェンネベルク岩ワイゼルベルク岩マイクロノライトオパサイト化作用グラニフィリック玻璃基流晶質組織リーフ・ミルクバイクスパイドピッチブレンドスピライト組織フェルト状組織暗黒物クラストマイクロライトシリシルタイト