コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組手試合 くみてじあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組手試合
くみてじあい

空手競技法の一つ。相対した2名の競技者が定められた攻撃個所に・打・蹴の技をかけ合い,その優劣を競う。試合場は 8m四方で,3人または5人の審判員で判定する。正しい姿勢,充実した気迫,適正な間合いで相手の顔面頸部,胴に技が決ったとき,その技の難度や正確さなどにより1~3ポイントが与えれる。2分間もしくは3分間の試合時間内に先に8ポイント差をつけた方が,その時点で勝ちとなる。時間内に8ポイント差がつかない場合は合計ポイントの多い方が勝ちとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

組手試合の関連キーワード空手

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組手試合の関連情報