コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組手試合 くみてじあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組手試合
くみてじあい

空手競技法の一つ。相対した2名の競技者が定められた攻撃個所に・打・蹴の技をかけ合い,その優劣を競う。試合場は 8m四方で,3人または5人の審判員で判定する。正しい姿勢,充実した気迫,適正な間合いで相手の顔面頸部,胴に技が決ったとき,その技の難度や正確さなどにより1~3ポイントが与えれる。2分間もしくは3分間の試合時間内に先に8ポイント差をつけた方が,その時点で勝ちとなる。時間内に8ポイント差がつかない場合は合計ポイントの多い方が勝ちとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

組手試合の関連キーワード空手

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組手試合の関連情報