コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間合い まあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間合い
まあい

剣道で,自分と相手との距離。剣先 (けんせん) がわずかに交差した距離を「一足一刀の間合い」といい,その状態から1歩踏み込めば相手を打突でき,1歩引けば相手の打突をかわせる,攻防における重要な間隔である。一足一刀より遠く離れ互いに打突できない距離を「遠間 (とおま) 」といい,逆に近く接近し,互いの打が容易に届き,一歩引くと相手が一足一刀の間合いとなる距離を「近間 (ちかま) 」という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

間合いの関連キーワードホール(Edward T. Hall)マルチプルタイタンパー藤田小平次(初代)チェンジオブペースサッカーの用語夢路 いとしフィールズ間(ま)浅野千鶴嶋村太一電気椅子組手試合見切る見切り音声学公明党掛け声空手弓道音頭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間合いの関連情報