コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組織球 そしききゅうhistiocyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組織球
そしききゅう
histiocyte

組織内に認められる血管外細胞で,遊走性および貪食性をもつ白血球の一種をいう。血液中を流れるマクロファージ (単球) と対比されるが,組織球自体が単球よりつくられることが明らかになり,組織球もマクロファージと呼ばれることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そしき‐きゅう〔‐キウ〕【組織球】

結合組織に定着しているマクロファージ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そしききゅう【組織球】

結合組織や臓器などの中に定着しているマクロファージ。異物や老廃細胞などを捕食する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

組織球の関連キーワード肺好酸球性肉芽腫症(肺ヒスチオサイトーシスX)おとなのアトピー性皮膚炎レッテレル=ジーベ病悪性線維性組織球腫パラフィノーマ好酸球性肉芽腫ピロプラズマ類血球貪食症候群慢性肉芽腫症胆嚢良性腫瘍悪性軟部腫瘍リウマチ結節食細胞活動黄色肉芽腫ハンセン病細網内皮系胸膜腫瘍遊走細胞肉芽組織結合組織

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android