経律異相(読み)きょうりついそう

精選版 日本国語大辞典 「経律異相」の意味・読み・例文・類語

きょうりついそう キャウリツイサウ【経律異相】

仏書。五〇巻。中国宝唱が梁の天監一五年(五一六)に撰。経と律とに散説されている諸事項を一四に分類して抜粋した一種百科事典。また、説話文学宝庫

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android