コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経皮的経管式冠動脈形成術 けいひてきけいかんしきかんどうみゃくけいせいじゅつpercutaneous transluminal coronary angioplasty; PTCA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経皮的経管式冠動脈形成術
けいひてきけいかんしきかんどうみゃくけいせいじゅつ
percutaneous transluminal coronary angioplasty; PTCA

動脈硬化のために狭くなった冠状動脈を,心臓手術することなく広げる方法である。技術的には冠動脈造影法の延長上にある。右上腕にある肘 (ひじ) 動脈や大腿動脈の血管より先端にバルーンのついたカテーテル動脈硬化性狭窄病変を起こした冠動脈内まで進める。そこでバルーンをふくらませて,狭窄部を圧排拡大させ,再び動脈硬化前の良好な冠血流を回復させるもので,心筋梗塞 (こうそく) の治療に活用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android