コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶作用のテクティック順序 けっしょうさようのテクティックじゅんじょtectic order of crystallization

岩石学辞典の解説

結晶作用のテクティック順序

早期に形成された鉱物の融食作用による噴出岩のみかけの結晶作用の順序で,これらの鉱物の形成順序の逆である[Loewinson-Lessing : 1899].ギリシャ語のtektは溶解したの意味である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android