コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融食作用 ゆうしょくさよう resorption

翻訳|resorption

1件 の用語解説(融食作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

融食作用

マグマによって初期に形成された結晶鉱物またはその成分が部分的または完全に化学変化を起し溶液となる過程[Anderson : 1915].これは平衡状態でない状態で,温度,圧力,組成などが変化したためにマグマの作用により,結晶がマグマの中に融け込むことである.この語は成長途中の結晶または圧力変化により分解した境界をもつ結晶に対して不正確に使用されている.鉱物が化学作用で溶解する場合に成長の最も速い部分が最も強く溶解され,不規則な円形を帯びた形となる.拡散によって結晶周縁部が結晶内部に様々な深さに貫入することなどや,累帯構造をもつ斑状変晶で結晶周辺部の化学性の明らか不連続などがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

融食作用の関連キーワード正マグマ鉱床火成鉱物鉱化溶液ブラストクリスタル沈積結晶再生マグマ正マグマ的間隙マグマ反応系列マグマ性気成期

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone