コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴出岩 フンシュツガン

デジタル大辞泉の解説

ふんしゅつ‐がん【噴出岩】

火山岩

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

噴出岩【ふんしゅつがん】

火山岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

噴出岩

マグマが地表に噴出して急冷固結した火成岩火山岩は地表に流出して固結したもの以外に地下数100m以内の浅所に貫入した火成岩体を含んでいるが,普通は噴出岩と火山岩とをほぼ同じに用いている.ラテン語effundereは注ぎ出すという語の過去分詞で,噴出す,広げるの意味で,ef(外に)とfundere(融ける)に由来する[歌代ほか : 1978].
溢流岩

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

噴出岩
ふんしゅつがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の噴出岩の言及

【火山岩】より

…マグマが地表や海底に噴出,固化した溶岩,および火山の噴火の際に放出された物質が固化した火山砕屑岩からなる。噴出岩effusive rockという語が用いられることもある。化学組成,組織,鉱物組成,色指数などに基づくいろいろな分類方法があるが,一般的に用いられるのは化学組成,特にSiO2の含有量に基づいて分類する方法である。…

【火成岩】より

…火成岩とは地下深部で発生するマグマが地表に噴出したり,あるいは地殻中に貫入し,冷却・固結して生じた岩石の総称である。マグマが地表に噴出して生じた火成岩を噴出岩または火山岩と呼ぶ。一方,マグマが地下深部に貫入して生じた火成岩を深成岩,また比較的浅い部分に貫入して生じたものを半深成岩と呼ぶ。…

※「噴出岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone