コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶粥 けっしょうかゆcrystal mush

岩石学辞典の解説

結晶粥

マグマには熔融部分のみならず揮発成分や結晶が含まれているが,その割合がどこまでをマグマというか明確ではない.元来マグマは実際に観測のできないもので概念的なものであるため,様々な定義がなされている.マグマが熔融状態であると信じても,その中にどの程度の結晶が含まれているかによって性質は非常に異なる.マグマ中の結晶の量が増加すれば結晶粥(crystal mush)となる.しかし結晶粥も観測不可能な概念で確かめようがなく,液体マグマから固体岩石まで連続的に変化するが結晶粥はどの位置にあるかわからない[鈴木 : 1994].なお,ミグマ(migma)とはギリシャ語で混合という意味で,固体の岩石片と熔融した基部との混合した物あるいは粥(mush)を指している[Reinhard : 1935].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android