給米(読み)きゅうまい

  • きゅうまい キフ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 給料として支給される米。江戸時代には、封建家臣団は原則として領地を支給されたが、小身者は幕府、領主の米蔵から米を支給された。また、村役人等も役手当てとして米を受け取ることがあった。
※大乗院寺社雑事記‐文明一〇年(1478)四月一日「就去年分若槻庄亀松給米事、今日神人一人并定使遣彼庄家了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の給米の言及

【大庄屋】より

…ただし幕領では,1713年(正徳3)諸国代官への通達(全13条)の11条において,大庄屋,割元,惣代などを廃止した。その理由は,彼らへの多額の給米が村の負担となること,彼らの専断により百姓が難儀する場合が多いこと,の2点にあった。 藩領では,幕末まで大庄屋制度を維持したところが多い。…

※「給米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

給米の関連情報