給金(読み)きゅうきん

精選版 日本国語大辞典「給金」の解説

きゅう‐きん キフ‥【給金】

〘名〙
① 雇い主から使用人へ労働の代償として支払う金。給料として渡される金銭。給料。給銀。また、年季奉公や芸妓、遊女などの雇用に際して、抱え主がその年限などに応じて、前もって支給した給料。
※評判記・難波立聞昔語(1686)金子彦大郎「今年給金(キウキン)弐十五両」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「今までの様に給金がやれぬからと云ったら」
② 相撲の制度で、力士に月給の他に支払われる給与をいう。力士の階級や勤務場所数、勝負の成績などによって異なる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android