コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統合・メニュー化方式 とうごう・メニューかほうしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統合・メニュー化方式
とうごう・メニューかほうしき

補助金の整理合理化措置の一つで,補助率の引き下げや定員削減などと異なり,地方自治体の自主性尊重から行なわれている改善方式。統合化とは,同一ないし類似目的の補助金について,交付決定一本化の簡素化を行なうことである。また,メニュー化とは,いくつかの補助対象事業をメニューにして提示し,それにかかる補助金の総額をあらかじめ決めておき,メニューの中からどの事業を行なうかは,事業者が自由に選択できるようにすることである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone