絶対価値評価と相対価値評価

産学連携キーワード辞典の解説

絶対価値評価と相対価値評価

知的資産の評価方法は、「絶対的価値評価と相対的価値評価」の2つに分類される。絶対的な価値評価はインカムアプローチなどに代表される、金銭評価が代表的である。絶対的な価値評価は、特許ライセンスの価値を判断する上で大きな基準となる。一方、相対的な価値評価は、特許間の順位付けを行うためのランキングなどのことを指し、絶対価値を評価しにくい、「絶対価値評価と相対価値評価」という語彙は、直接ビジネスに結びつかない単体の未使用特許を管理する上で用いられることが多い。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android