絶対価値評価と相対価値評価

産学連携キーワード辞典の解説

絶対価値評価と相対価値評価

知的資産の評価方法は、「絶対的価値評価と相対的価値評価」の2つに分類される。絶対的な価値評価はインカムアプローチなどに代表される、金銭評価が代表的である。絶対的な価値評価は、特許ライセンスの価値を判断する上で大きな基準となる。一方、相対的な価値評価は、特許間の順位付けを行うためのランキングなどのことを指し、絶対価値を評価しにくい、「絶対価値評価と相対価値評価」という語彙は、直接ビジネスに結びつかない単体の未使用特許を管理する上で用いられることが多い。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android