コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対価値評価と相対価値評価

1件 の用語解説(絶対価値評価と相対価値評価の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

絶対価値評価と相対価値評価

知的資産の評価方法は、「絶対的価値評価と相対的価値評価」の2つに分類される。絶対的な価値評価はインカムアプローチなどに代表される、金銭評価が代表的である。絶対的な価値評価は、特許やライセンスの価値を判断する上で大きな基準となる。一方、相対的な価値評価は、特許間の順位付けを行うためのランキングなどのことを指し、絶対価値を評価しにくい、「絶対価値評価と相対価値評価」という語彙は、直接ビジネスに結びつかない単体の未使用特許を管理する上で用いられることが多い。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絶対価値評価と相対価値評価の関連キーワード含み資産資産評価評価益評価損益財産評価基本通達相続財産の評価ディスカウンティッド・キャッシュフローバランスシート法ロイヤルティアプローチ本源的価値

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone