絶対価値評価と相対価値評価

産学連携キーワード辞典の解説

絶対価値評価と相対価値評価

知的資産の評価方法は、「絶対的価値評価と相対的価値評価」の2つに分類される。絶対的な価値評価はインカムアプローチなどに代表される、金銭評価が代表的である。絶対的な価値評価は、特許やライセンスの価値を判断する上で大きな基準となる。一方、相対的な価値評価は、特許間の順位付けを行うためのランキングなどのことを指し、絶対価値を評価しにくい、「絶対価値評価と相対価値評価」という語彙は、直接ビジネスに結びつかない単体の未使用特許を管理する上で用いられることが多い。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android