コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対閾 ぜったいいきabsolute threshold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対閾
ぜったいいき
absolute threshold

感覚を生じるのに必要な最小の刺激エネルギー量のことで,刺激閾ともいう。刺激が感じられたとする反応と感じられなかったとする反応の境目にあたるが,操作的には双方の反応が 50%ずつ生じる刺激の値をとる。 (→ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の絶対閾の言及

【感覚】より

…(1)感覚の大きさ 一つの感覚系について,感覚刺激の強さを十分弱いところからしだいに増していくと,やっと感覚の生ずる強さに達する。感覚が生ずる最小の刺激の強さを,その感覚の刺激閾(絶対閾)という。またある強さII+⊿Iが識別できる最小の強さの差⊿Iを強さに関する識別閾という。…

※「絶対閾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

絶対閾の関連キーワードファイ=ガンマ関数極限法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android