境目(読み)さかいめ

精選版 日本国語大辞典の解説

さかい‐め さかひ‥【境目】

〘名〙
① ある土地、場所などの区切りとなるところ。際目。境界。〔明応本節用集(1496)〕
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「『さかい』とはナ、物の境目(サカヒメ)じゃ」
② 敵と味方が接している所。
※石見吉川家文書‐(天正九年)(1581)五月一九日・吉川経家書状「頃従堺目之到来に、但州七味郡え為一行
③ 事柄の、自と他、善と悪、良と不良などが、それによって分別されるわかれ目。
※抱擁家族(1965)〈小島信夫〉四「自分が人間になるか、ならぬかの境目ですよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さかい‐め〔さかひ‐〕【境目】

境となる所。相接する所。分かれ目。「人道と車道の境目」「及落の境目にいる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android