コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いきlimen; threshold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


いき
limen; threshold

広義にはやっと意識される境界刺激のこと。厳密には刺激を量的ないし質的に変化させた場合,ある特定反応がそれとは異なった反応へと (またはある経験がそれとは異なった経験へと) 転換する,その境目の刺激尺度上の点のこと,ないしはこのような反応の転換の現象をさす。一般にはこのような転換点は,特定の反応が 50%の確率で生起する刺激量として統計的に定められる。なお刺激を小さくした場合に,反応が生じるか生じないか (知覚が生じるか生じないか) の境目に対応する刺激量を刺激閾ないし絶対閾といい,標準となる刺激をわずかに変化させた場合に,もとの標準刺激に対するものとは異なった反応が生じるか生じないか (その差異に気づくか気づかないか) の境目に対応する刺激量を弁別閾 (丁度可知差異) という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いき〔ヰキ〕【×閾】

門の内と外をくぎる境目の木。また、境目。敷居。
心理学で、ある感覚や同種の刺激の相違を感知できるか否かの境目。また、その刺激量。→刺激閾(しげきいき)弁別閾(べんべついき)

いき【閾】[漢字項目]

[音]イキ(ヰキ)(呉) [訓]しきみ
内と外の境界。しきり。範囲。「閾下識閾
[補説]原義は、門の敷居

しき【×閾】

しきみ」に同じ。

しきみ【×閾】

内外の境として門や戸口などの下に敷く横木。現在の、敷居に当たる。戸閾(とじきみ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

閾【いき】

刺激の連続的変化に対して,その知覚や判断のあり方が突然転換する限界。その時の刺激の最小値を閾値という。たとえば刺激の存在を初めて認知できる点は刺激閾(絶対閾),刺激の増加や減少が初めて明瞭な量的変化として感じられる点は弁別閾という。
→関連項目感覚刺激

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いき【閾 threshold】

〈しきい〉ともいう。通常,反応を起こすのに最小必要限の刺激の強さをいい,その値を閾値という。閾以下の強さの刺激(閾下刺激)では反応は起こらない。たとえば,網膜に視覚感覚を起こす最小の光の強さなどであるが,刺激によって反応を起こす種類の現象一般に用いられる言葉である。閾値は刺激の物理的な性質や時間経過によっても変化する。また反応する側の種々の内部要因によっても変わる。たとえば,同じ刺激が繰り返し与えられると,閾値が上がり,反応が起こらなくなるし,また逆にその刺激が長い間与えられず,反応の動機づけ(いわゆる衝動)が高まってくると,閾値が低下する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いき【閾】

敷居。
ある刺激の出現・消失、または二つの同種刺激間の違いが感じられるか感じられないかの境目。また、その境目の刺激の強さ(閾値)。 → 刺激閾弁別閾

しきみ【閾】

門の内外を区画するために、門柱の間に敷く横木。蹴放し。
敷居しきい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【敷居】より

…建物の側回りや内部間仕切の開口部の下方に取り付けられた丈の低い横木をいう。元来は門の内外を限るもので,閾(しきみ)あるいは敷見(しきみ)といった。板戸,障子,ふすまなど引戸を開け閉めするための溝を突いたものが普通であるが,開き戸や開放の所に取り付けた溝のない無目(むめ)敷居もある。…

※「閾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

閾の関連キーワードヴェデンスキー効果(生理学)エイドリアン‐ブロンクの法則ウェーバー=フェヒナーの法則ブロッホの法則(生理学)双曲線法則(=刺激量)バウディッチの法則ファイ=ガンマ関数フリッカーテスト閾値無し直線仮説フェヒナーの法則ウェーバーの法則直線閾値無し仮説ヴァイスの法則LNTモデルヴントの法則ハイマン法則刺激量の法則悪臭強度指数サブリミナル手を支える

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閾の関連情報