コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いきlimen; threshold

9件 の用語解説(閾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


いき
limen; threshold

広義にはやっと意識される境界刺激のこと。厳密には刺激を量的ないし質的に変化させた場合,ある特定の反応がそれとは異なった反応へと (またはある経験がそれとは異なった経験へと) 転換する,その境目の刺激尺度上の点のこと,ないしはこのような反応の転換の現象をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いき〔ヰキ〕【×閾】

門の内と外をくぎる境目の木。また、境目。敷居。
心理学で、ある感覚や同種の刺激の相違を感知できるか否かの境目。また、その刺激量。→刺激閾(しげきいき)弁別閾(べんべついき)

いき【閾】[漢字項目]

[音]イキ(ヰキ)(呉) [訓]しきみ
内と外の境界。しきり。範囲。「閾下識閾
[補説]原義は、門の敷居。

しき【×閾】

しきみ」に同じ。

しきみ【×閾】

内外の境として門や戸口などの下に敷く横木。現在の、敷居に当たる。戸閾(とじきみ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

閾【いき】

刺激の連続的変化に対して,その知覚や判断のあり方が突然転換する限界。その時の刺激の最小値を閾値という。たとえば刺激の存在を初めて認知できる点は刺激閾(絶対閾),刺激の増加や減少が初めて明瞭な量的変化として感じられる点は弁別閾という。
→関連項目感覚刺激

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いき【閾 threshold】

〈しきい〉ともいう。通常,反応を起こすのに最小必要限の刺激の強さをいい,その値を閾値という。閾以下の強さの刺激(閾下刺激)では反応は起こらない。たとえば,網膜に視覚感覚を起こす最小の光の強さなどであるが,刺激によって反応を起こす種類の現象一般に用いられる言葉である。閾値は刺激の物理的な性質や時間経過によっても変化する。また反応する側の種々の内部要因によっても変わる。たとえば,同じ刺激が繰り返し与えられると,閾値が上がり,反応が起こらなくなるし,また逆にその刺激が長い間与えられず,反応の動機づけ(いわゆる衝動)が高まってくると,閾値が低下する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いき【閾】

敷居。
ある刺激の出現・消失、または二つの同種刺激間の違いが感じられるか感じられないかの境目。また、その境目の刺激の強さ(閾値)。 → 刺激閾弁別閾

しきみ【閾】

門の内外を区画するために、門柱の間に敷く横木。蹴放し。
敷居しきい 」に同じ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【敷居】より

…建物の側回りや内部間仕切の開口部の下方に取り付けられた丈の低い横木をいう。元来は門の内外を限るもので,閾(しきみ)あるいは敷見(しきみ)といった。板戸,障子,ふすまなど引戸を開け閉めするための溝を突いたものが普通であるが,開き戸や開放の所に取り付けた溝のない無目(むめ)敷居もある。…

※「閾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

閾の関連情報