絶縁紙(読み)ぜつえんし(英語表記)insulating paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶縁紙
ぜつえんし
insulating paper

電気機器やケーブルの絶縁用に広く利用される紙。通信ケーブルおよび電力ケーブル用は良質のクラフトパルプだけですいたもので,厚さ均等でピンホールがなく,化学的に中性で適当な柔軟性を必要とする。コイル絶縁紙はマニラアサ主成分のものと 100%クラフトパルプのものがあり,上記の特性のほかに高度な耐熱性が要求される。電解コンデンサ紙は良質の植物繊維を用いてすき,電解液の浸潤保有性が良好でなければならない。フィッシュペーパーは木綿繊維 100%とクラフトパルプ 100%の2種あり,すいた紙を塩化亜鉛溶液で処理して緻密な組織としたもの。ほかにミツマタまたはマニラアサを主成分としワニス浸透性のよい絶縁薄紙,表面が平滑で硬いプレスパン,プレスボードなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶縁紙の関連情報